1. 印鑑・はんこTOP
  2. 印鑑ご利用マニュアル
  3. 結婚で必要な手続き
  4. 新生活手続き
結婚で必要な手続き
結婚が決まると、挙式に向けて一気に忙しくなります。しかし、
忘れてはいけない手続きもたくさん!婚姻届をはじめとする、
新生活で特に大切となる手続きをチェックしておきましょう。

新生活をスタートする手続き

新生活を新しい場所でスタートする際に、
公的な手続きの以外にも各機関への住所変更の届けが必要です。銀行や郵便局、保険会社、クレジットカード会社、電話移転の手続きなど、
引越しするときと同様の手続きが必要です。

引越し前後に処理するべき!新生活手続き

預金通帳

結婚して、住所や氏名が変わったら、
銀行の預金通帳の変更手続きも行います。
これらの手続きは最寄の各取引支店(郵便貯金口座は
最寄りの郵便局)で手続き可能です。
遠方や、仕事などで窓口へ行く時間が取れない場合は、
インターネットや支店に電話連絡することで、
各種手続きの必要用紙を取り寄せて手続きができる場合があります。

届出先 取引銀行
届出る人 本人
やること 銀行(最寄の支店で良い)に必要なものを持参して出向き、
窓口で手続きを行います。姓が変わり、届出している印鑑も変更する場合は、印章の変更手続きも必要になります。
新しい印鑑を持参しましょう。
もちもの ● 通帳
● キャッシュカード
● これまで届印にしていた印鑑
● 新たに届印にする印鑑
● 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)

クレジットカード

クレジットカードの変更手続きの際は、
特にどこかに出向く必要はありません。
カード会社に電話連絡をして、住所・氏名変更、
指定決済口座の変更に必要な書類を請求します。
送られてきた必要書類(本人確認書類の添付や
署名押印を求められることが多いです)を提出すれば、
後日、新しいカードが送られてきます。
住所変更のみの場合、インターネットで手続きできるところもあります。

氏名が変わって銀行印を変更していても、クレジット会社に新しい銀行印を届ける必要はありません。(新規で登録する場合は、口座振り替え用の銀行印を捺印する必要があります。)

海外でカードを使う場合
ハネムーンなどで、海外でカードを使うときに、カードとパスポートの名義が一致していないとトラブルの元になることがあります。
海外でクレジットカードを使いたい場合は、事前にパスポートとの名義をあわせておくようにしましょう。

公共料金

水道・電気・ガスなどの公共料金の手続きは、
引越し前に前もって完了させておきましょう。
電話やインターネットから申し込むことができます。

印鑑登録の廃止

水道の開始は、入居3日~4日前を目安に所定の水道局に電話またはインターネットからの申し込みをするか、新居に備え付けてある「水道使用申込書」に記入し郵送します。入居した日からすぐに使え、立会いの必要もありません。
また、現在住んでいる場所で水道を使っている場合は、引越しの前に利用停止の手続きを行います。こちらも電話または、インターネットから手続きができます。

電気

電気は、新規の場合、所定の電力会社に電話またはインターネットから申し込みをするか、新居に備え付けてある「電気使用申込書」に記入し郵送します。
(電気も、水道と同様、入居した時点で使える状態になっています。)
また、現在住んでいる場所で電気を使っている場合は、引越しの前に利用停止の手続きを行います。こちらも電話または、インターネットから手続きができます。

ガス

ガスは、所定のガス会社に電話またはインターネットで申し込みをし、
開栓の日時を決めます。必ず立会人のもとで開栓してもらいます。
作業終了後に、確認の印鑑(認印で可)またはサインが必要になります。
余裕を見て、使用希望日の1週間ほど前には申し込みをしておくと安心です。
また、現在住んでいる場所でガスを使っている場合は、引越しの前に利用停止の手続きを行います。こちらも電話または、インターネットから手続きができます。
一般的に、利用停止の際は、立会いは不要です。

郵便物の転送

新居に引越する前に、郵便局の窓口に転居届を
提出すると、1年間、旧住所宛の郵便物を新住所に
無料で転送してもらえるサービスがあります。
引越しの1~2週間前に手続きを済ませておくと安心です。遅くなると、旧住所に届いた郵便物が、新居に届かないこともあります。

届出先 郵便局(最寄りの郵便局で良い)
届出る人 本人
やること 窓口で転居届(郵便局で入手可)に記入し、本人確認書類と旧住所が確認できる書類を提示し手続きを行います。
窓口に来れない場合は、転居届を記入し、切手を貼らずにポストに投函することによって届け出ることもできます。
また、インターネットからの申し込みも可能です。
インターネットからは引っ越す前でも後でも、いつでも申し込みできます。
もちもの ● 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
● 旧住所が確認できる運転免許書やパスポートなど
● 印鑑(認印またはシャチハタでも可)

電話・通信料金

固定電話・インターネット関連

契約会社に問い合わせをし、引越しの1~2週間前までに移転手続きを
終わらせておくと安心です。
電話またはインターネットからでも手続きが可能です。手続きの際には、
下記の情報が必要になるので事前に確認しておきましょう。

● 契約書の名義
● 現在使用している電話番号
● 現在の住所・新居の住所
● 新居での電話開通希望日
● 支払い方法 など

インターネットを利用する場合は、その旨もつげ、
プロバイダーの引越し手続きと同時におこないましょう。
電話線が引かれていない場合は、工事の予約をします。
当日は、工事の立会いも必要になります。

携帯電話

携帯電話の氏名・住所変更は、電話またはインターネットから、
氏名・住所や支払方法変更などの書類を申請できます。
後日、届いた書類に記入し、改名や住所変更が証明できる書類と共に提出します。
家族割引などお得なプランもあるので、早めに検討し、手続きを済ませましょう。(携帯電話会社によって、必要書類が異なることもありますので事前に確認をしておきましょう。)

生命保険

生命保険や損害保険の氏名・住所の変更も忘れず
おこないましょう。変更手続きでなく、
結婚を機に支払い方法や保険プランの見直し、
また受取人の変更なども考えましょう。

氏名変更をするには、保険会社に電話連絡をして、
氏名変更に必要な書類を請求します。
後日、送られてきた書類に記入をし、必要書類と共に提出すれば手続き完了です。住所のみの変更は手続きは、電話やインターネットからできる保険会社もあります。(保険会社によって、必要書類が異なることもありますので事前に確認をしておきましょう。)

【まとめ】新生活手続きで必要な印鑑

必要な届出・手続き 必要な印鑑
氏名・住所
変更手続き
銀行口座(預金通帳) 銀行印
クレジットカード(新規登録の場合) 銀行印
公共料金の申し込み 認印
郵便の転送(転居届) 認印
各種保険 認印
印鑑の種類について
銀行印
銀行に届出をするためのハンコで、
口座の開設や預貯金の出し入れに使用します。
認印
登録していない印鑑すべてを指して、認印と呼びます。 使用頻度が高く、自身のサインのように扱われます。
(シャチハタやスタンプなどは印面がゴム性で変形しやすく、また同じ印面が量産されている可能性もあるので、公式な文書にはふさわしくありません。)
これらの印鑑は結婚をする際の一時的な使用でなく、結婚後の生活でもずっと使い続ける大切なものです。

おすすめの個人印鑑特集

  • 新社会人の為の鉄板セット
  • 初めてでも迷わない印鑑選び:個人印鑑セット特集ページヘ
当ページコンテンツは一般的な手続き・届出の方法を記載したものです。
届出先により規定や方法が異なる場合もございますので、あくまで一般的な例としてご参考ください。
ハンコヤドットコムインフォメーション

印鑑のご注文は24時間受付中

支払方法について
代金引換
クレジットカード

コンビニ払い
銀行振込
月締め 請求書払い

お届けについて
お届けについて
お届け時間指定
返品について
安心なお買い物の為に
JADMA
TRUSTe個人情報保護
安心なお買い物の為に

ハンコヤドットコムカスタマーサポート

お問い合せフォーム