1. 印鑑・はんこTOP
  2. 印鑑ご利用マニュアル
  3. 不動産の売買手続き
  4. 不動産の賃貸
不動産の売買手続き
マイホームを買うときや住宅を売るとき、部屋を借りるときなど人生の節目ともなる不動産の手続きには、おさえておくべきダンドリがたくさん。 ライフプランを踏まえた慎重な手続きを。
いつどんなことが必要かダンドリを知ろう。賃貸するときの手続き

賃貸契約の流れ

一人暮らしをはじめるときや、就職・転職、結婚などを機にマンションやアパートを借りるときは、貸主と賃貸に関する契約をおこないます。
ここでは、不動産会社を仲介して賃貸契約をするときの一般的な流れを紹介いたします。

  1. 不動産情報の調査
    住みたい部屋のイメージを考え、「住みたいエリア」「家賃」「間取り」などの希望の条件に優先順位をつけておきます。
    条件が決まったらインターネットや不動産情報誌などで情報収集をしましょう。
  2. 物件を探す
    気になる物件が決まったら、物件を取り扱っている不動産会社に電話やメールで問い合わせ、来店の予約をします。
    不動産会社の店舗へ行くと、再度希望条件などのヒアリングを受けるので、条件を整理していきましょう。
    その後、気になっていた物件や、条件に合う物件の詳細な情報を聞いたり、現地見学にいく物件の候補を担当者と一緒に探します。
  3. 物件の現地下見
    希望の条件に合う物件が見つかったら、現地の下見をします。インターネットや資料の情報だけではわからない、周辺の環境や部屋の実際のサイズ感、日当たりなどをチェックしましょう。
    現地の下見は、続けて何件か案内してもらえる場合もあります。
  4. 申込み
    気に入った物件が見つかったら、入居申込みを書きます。申込書は本人の情報のほか、連帯保証人の情報の記入も必要になります。契約が決まった後も、連帯保証人による捺印などが必要になるので、前もって連帯保証人の了承を得られるように手配をしておきましょう。
    申込みの手続きには、一般的に 下記のものが必要になります。物件や不動産会社によって必要書類は異なりますので事前に確認しましょう。
    ●入居申込書
    ●印鑑(認印で可)
    ●源泉徴収票や給与明細など収入を証明できるもの
    (契約時に提出の場合もあります)
    申込金が要る場合も

    申込みをする際に、貸主に入居のする意思を伝えて、物件を確保しておくための「申込金」が必要になることがあります。
    申込金の相場は、家賃の1か月分以内といわれていますが、申込金を預けるかどうか、またいくら預けるかは自身の判断によります。
    申込金は、契約が決まった際に、敷金や礼金などの契約金の一部に充てられます。

  5. 入居審査
    申込みをしたら入居審査となります。
    入居審査は、申込者本人が家賃を払い続けていくことができるかなどを審査するもので、
    入居申込書などの書類をもとに、審査機関や貸主が判断します。
    入居審査には数日~1週間ほどかかるので、その間に契約に必要な書類を準備しましょう。
  6. 契約・必要書類の提出
    入居審査に通ったら、いよいよ契約です。
    担当者から重要事項の説明を受けた後、契約書に捺印をします。のちのトラブルを避けるために、契約内容に不明な点があれば確認をしておくようにしましょう。
    必要書類は、一般的に下記のものが必要になります。物件や不動産会社によって必要書類は異なりますので事前に確認しましょう。
    ●契約書
    ●印鑑(基本は認印ですが、契約によって実印を求められる場合もあります。)
    ●身分証明書
    ●住民票(入居者全員分)
    ●源泉徴収票や給与明細など収入を証明できるもの
    (申込み時に提出の場合もあります)
    ●敷金・礼金(店舗に持参か、後日振込み)
    ●保証人の同意書
    ●保証人の印鑑証明
    ●保証人の実印(契約書に捺印する)
    契約の際に、火災保険などの案内を受けることもあります。加入する場合は、後日、保険加入の申込み行います。
  7. 鍵の引渡し・入居
    契約書や必要書類、敷金・礼金などの契約金がそろったら、鍵渡しとなります。
    鍵を受け取ったら、入居に向けて、引越しの準備に取り掛かりましょう。
    賃貸住宅に住んでいる場合は、退去連絡など、申告期限に間に合うようにしておきましょう。

賃貸契約に必要な書類・現金

マンションやアパートの部屋を借りる際に必要となる書類や現金を、時系列でまとめました。
各手続き・申込みには印鑑が必要となるので、あらかじめ忘れずご用意を。
必要な書類・現金は、物件や不動産会社によって異なります。事前に担当者に確認しましょう。

必要書類・現金など
入居申込み 入居申込書
認印 認印のご購入はこちら
収入を証明できるもの(源泉徴収票や給与明細など)
申込金
賃貸契約 契約書
本人確認書類(運転免許書やパスポートなど)
住民票(入居者全員分)
敷金・礼金
仲介手数料
本人の印鑑証明
本人の実印
(契約書に捺印する) 実印のご購入はこちら
保証人の同意書
保証人の印鑑証明
保証人の実印
(契約書に捺印する) 実印のご購入はこちら
銀行印
(口座振替を希望する場合) 銀行印のご購入はこちら
保険加入
(火災・損害保険等)
保険の各種申込書
認印 認印のご購入はこちら
銀行印
(口座振替を希望する場合) 銀行印のご購入はこちら

注釈

基本的に借主本人の印鑑は「認印」でも賃貸契約を結ぶことができます。
しかし、不動産会社によっては、「実印」を求められることもあります。
実印での捺印が求められる場合は印鑑証明も必要になるので、合わせて用意します。
3つの印鑑の違いは?
実印
住民登録をしている市区町村に印鑑を登録し、
実印が必要なときに、印鑑証明を受け取れるように
しておくハンコのことです。
銀行印
銀行に届出をするためのハンコで、
口座の開設や預貯金の出し入れに使用します。
認印
登録していない印鑑すべてを指して、認印と呼びます。 使用頻度が高く、自身のサインのように扱われます。
(シャチハタやスタンプなどは印面がゴム性で変形しやすく、また同じ印面が量産されている可能性もあるので、公式な文書にはふさわしくありません。)
これらの印鑑は不動産の売買や賃貸などの一時的な使用でなく、今後の生活でもずっと使い続ける大切なものです。

おすすめの個人印鑑特集

  • 新社会人の為の鉄板セット
  • 初めてでも迷わない印鑑選び:個人印鑑セット特集ページヘ
当ページコンテンツは一般的な手続き・届出の方法を記載したものです。
届出先により規定や方法が異なる場合もございますので、あくまで一般的な例としてご参考ください。
ハンコヤドットコムインフォメーション

印鑑のご注文は24時間受付中

支払方法について
代金引換
クレジットカード

コンビニ払い
銀行振込
月締め 請求書払い

お届けについて
お届けについて
お届け時間指定
返品について
安心なお買い物の為に
JADMA
TRUSTe個人情報保護
安心なお買い物の為に

ハンコヤドットコムカスタマーサポート

お問い合せフォーム