1. 印章うんちく事典
  2. 印鑑屋のこだわり

印材・書体・彫刻へのこだわり

  1. 印鑑屋のこだわり
  2. 印材へのこだわり
  3. 書体へのこだわり
  4. 彫刻へのこだわり

印鑑屋のこだわり

ハンコヤドットコムがお届する印鑑については、大きくは3つのこだわりがあります。
細かく言えば、もっともっとたくさんありますが、言葉では伝わりにくい部分もあるので、まずは大きな3つのこだわりをご説明いたします。
お届けした商品から、ハンコヤドットコムのこだわりを感じとって頂けると幸いです。

印材へのこだわり

印材は天然のものも多く、柄や模様・色見なども印材の仕入れ先によって千差万別です。
仕入れ先とのマメなやりとりから、その時々で最良の印材が提供できるように努力しております。
また、金属等の人工の印鑑材料を仕入れる際にも、細心の注意を払っています。
例えば、真円であること。真円でなければ上手く彫刻ができないため印影が歪んだり、枠の太さにも歪みが出たりしてしまいます。
また、粗悪な印材では印材としての強度や耐性に後々問題が出るものもあります。
そういったことが無いように、ひとつ一つを丁寧に検品した上で基準に合格した印材のみをお届けしております。

書体へのこだわり

実印などの印鑑はまさにその人の意思を表すもので、非常に重要なものです。
なので1本1本の印鑑の書体を通して印鑑に個性を持たせるのが書体となります。
また、限られたスペースの中にキレイにレイアウトして文字を並べることにも必要な技術があり、作る人間のセンスや感性も出ます。
同じものは2本と作らないという厳格なポリシーを元に書体作成を行っております。

彫刻へのこだわり

良い印材・良い書体があっても、実際に彫刻がうまくなければ、キレイに印鑑を仕上げることは出来ません。
また、最終の仕上げは熟練したスタッフが1本づつ丁寧に行っております。
印鑑は押した後の印影が1番大切ですが、キレイに仕上げることで印鑑に愛着を持って末永くご使用いただくことができるよう、心を込めて彫刻後の仕上げから検品を行っております。

▲印鑑屋のこだわりTOPへ