1. 印章うんちく事典
  2. 法人印鑑について

法人印鑑について

  1. 法人 印鑑:実印
  2. 法人 印鑑:銀行印
  3. 法人 印鑑:認め印
  4. 法人 印鑑:角印

法人 印鑑:実印

法人 実印 は、法務局へ登録する会社や各種法人の代表印として重要な印鑑です。
株式会社、有限会社の役職名は「代表取締役印」「取締役印」。
合資会社、合名会社、個人事業主、各種任意団体の役職名は「代表者印」が一般的です。

法人 印鑑:銀行印

法人銀行印とは会社が預金の支払いや手形・小切手に押印するため、銀行に届ける会社の印鑑です。
直接、金銭を動かすときに使うので実印同様、重要な印鑑です。個人の印鑑と同じく、実印とは分けて使いましょう。
会社銀行印の内枠には『銀行之印』が入ります。
通常会社実印と区別するため、一回り小さいサイズで作ることが多いです。

法人 印鑑:認め印

法人認め印は、法人や個人事業の会社認め印としても使用できます。
法人としての印鑑を求められることが多いのですが、実印・銀行印を押すことには抵抗があったり、また印影の悪用などのリスクヘッジからも法人認め印を使用することが好ましいでしょう。
各役職等で認め印を持つと幅広く様々な場面で利用することができます。
法人の役職印等、内枠にお好きな役職名や手続き名を入れることができます。

法人 印鑑:角印

角印とは法人実印よりやや大きめの法人名だけを彫った四角い印鑑です。
角印は代表者印と合わせて使われ、注文書などの社外文書の他、稟議書などの社内文書に押印するものです。
社印とも言われます。
法人名以外に、おくり字に「印」や「之印」が入ることもございます。
これは縦と横との文字数のバランスを見て入れます。

▲法人印鑑についてTOPへ