1. 印章うんちく事典
  2. 印鑑 書体 プレビュー

印鑑の書体プレビュー

  1. 【印鑑の書体について】
  2. 【個人印の書体】
  3. 【法人印の書体】
  4. ネット上の書体プレビューについて

【印鑑の書体について】

1、篆書体(てんしょたい)
元々は中国から伝わってきた印章で、4000年近い歴史を持つ漢字の元である。
「甲骨文字」から「金文」、「大篆」と派生し、そして「大篆」ではまだ字画が複雑なため、書くには不便であったため、秦の始皇帝の命により改良され「小篆」が作成されました。
この「小篆」が、印章における一般的な「篆書体」といって用いられている書体となります。
用いられている例としては、日本銀行発行のお札などに利用されていて、一番身近な書体です。

2、太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)
枠を太くした太枠篆書体は、少し文字を細くして空間を作ったことにより、朱肉が詰り難く、また枠が太いため、より長持ちします。

3、吉相体(きっそうたい)
篆書体から進化させた書体。印相体や八方篆書体とも呼ばれ、開運印相としてもよく用いられる書体です。
歴史的にはまだ浅く、近年開発された書体です。

4、古印体(こいんたい)
日本の古来から印章に使われている書体で「隷書」から変化した書体です。
読みやすい印影の印鑑、という方におすすめです。

5、隷書体(れいしょたい)
中国、秦の時代、篆書体は複雑で書きにくいために、より早く書くために字画を簡略化し、横長のはねに特徴を出します。
漢の時代には正式に普及したそうです。

【個人印の書体】

個人印(実印・銀行印・認め印)の書体は篆書体と吉相体が良く使われ、2つで全体の8割を占めます。

【法人印の書体】

当店の法人印(会社実印・会社銀行印・会社角印)は、篆書体が7割、吉相体が2割となっており、篆書体が一般的に用いられます。

ネット上の書体プレビューについて

印鑑のネット販売などを行っているサイト上では、書体のプレビューシステムを活用し、作成後の印面をイメージ
しやすいよう工夫がされているところがあります。
しかし残念ながら、これらプレビューについてはあくまで参考程度であり、プレビューと同じ印面ができる確率は極めて低いです。
プレビューを確認する場合は、そのあたりの点に注意しながら、印鑑を注文するようにしましょう。

▲印鑑 書体 プレビューTOPへ