1. 印章うんちく事典
  2. 認印の一般的サイズとは?

認印の一般的サイズとは?

  1. 認印とは
  2. 認印とシャチハタの違い
  3. 認印のサイズ
  4. ご購入者レビュー
  5. 認め印の人気印材ランキング
  6. 会社印のご購入はこちら
  7. 個人認め印をご購入の方はコチラ

認印とは

認印は、書類の内容を「承認した」ことを示す印鑑になります。 書留、小包、宅配便等の家庭に届く荷物の受取の際や書類確認の際の捺印など日常生活で一番使用頻度の高い印鑑です。
実印や銀行印とは違い公的な証明は受けられ無い印鑑ですが、捺印の効果も法律上実印と同じような効果がありますので、捺印の際には、内容を確認し理解した上で捺印しましょう。

認印とシャチハタの違い

市町村役場やその他の場所で、各書類の申請に認印が必要な時にシャチハタだと断られる場合があります。上記でもお伝えしましたが、書類の内容を「承認した」ことを示すのが認印です。
シャチハタは、大量生産の商品ですので、同じ苗字の場合は、同じ印影になり、長年使用していると、硬い材質の認印とは違い印面のゴムが傷んできたり、インクがにじんでしまい、本来の印面を失ってしまう確率が高いので、ゴム印の一種として断られるケースが多いのではないでしょうか。

認印のサイズ

男性の場合、12mm又は13.5mm 、女性の場合、10.5mm又は12.0mmが認印のサイズといわれてますが、一般的に使用されている認印のサイズは、12mm~13.5mmのサイズが一般的に購入されています。
はんこ屋や文房具店、ホームセンターなどで多く販売している既製品の※三文判(さんもんばん)を認印として利用されているケースが多いようです。

※三文判(さんもんばん)とは、プラスチック製などの安い印鑑の事をいいます。

※シャチハタの正式名称はシヤチハタとなります。ご了承ください。

ハンコヤドットコムの認め印の販売ページご案内

個人印鑑 認め印の商品一覧ページ

高品質の認め印が2,200円~。デザイン確認も可能です。
認め印の販売ページ一覧へ
※注意:認め印は縦彫りのみになります。

法人印鑑 認め印の商品一覧ページ

会社認め印は、法人や個人事業の認め印としてご使用いただけます。
法人認め印の販売ページ一覧へ

ご購入者レビュー

【購入者】21-30歳(男性) 職業:会社員 用途:結婚 2014/5/22
結婚するにあたり、購入致しました。
私自身、ハンコには詳しくなく、特に実印、銀行印、認印のサイズをどうしたら良いかわかりませんでした。ハンコヤドットコムさんではサイズの目安が載っており、非常に参考になりました。
【購入者】51-60歳(男性) 職業:会社員 用途:プレゼント 2014/1/31
息子の進学に合わせてハンコを作ってやることにしました。実印はまだ早いと思ったので、認印サイズのものを探してみました。他でもっと安いものはあったけれど、ハンコヤドットコムさんのものはしっかりしていると聞いて決めました。
【購入者】60歳以上(男性) 職業:会社役員 用途:家族用 2014/1/21
前回、認印を購入し迅速な対応で満足しました。
印鑑のサイズや書体についの説明もわかりやすく選びやすかったので、今回もまた注文いたしました。

認め印の人気印材ランキング

認め印ランキング1位認め印ランキング2位認め印ランキング3位

会社印のご購入はこちら

会社設立セット

  • 会社印 実印
  • 会社印 銀行印
  • 会社印 角印
  • 会社印 認印

個人認め印をご購入の方はコチラ

▲認印 サイズTOPへ