フォントのアウトラインの注意点
文字のアウトライン化につきましては、お客様と弊社の書体(フォント)環境が異なる場合、データーを移動した際に、存在していないフォントは別のフォントに置き換えられてします。
入力した文字を、使用した書体(フォント)のない環境にその書類を持っていっても、同じ書体が出るように文字そのものを図形化することを指します。 アウトライン作成をせずにご入稿されたデーターでは、お客様の使われた書体が弊社にない場合、違う書体に変換され、文字間も変わり、お客様のイメージと違うものになってしまいます。
このような事態を避けるため、お客様にはアウトライン化して頂いたデーターでのご入稿をお願いしております。また、一度アウトラインをかけた書類は、図形化され文字としての編集はできなくなりますので、ご注意下さいませ。
アウトライン化されていない状態
●アウトライン化されていない状態

アウトライン作成

アウトライン化された状態
●アウトライン化された状態

全てのロックを解除して、全てを選択した上で 「文字」→「アウトラインを作成」

※ロックがかかっているフォントはアウトラインされません。

***掲載の文章・写真・ソース(html)の無断転載を禁じます ***

フォントのアウトラインの注意点

画像の入ったデザインの名刺を入稿する場合は...

  一般的に「配置」「埋め込み」の二つの方法があります。
 
「配置」

画像データをIllustratorのデータ上でリンクさせる方法。画像に関する情報はIllustratorには含まれていない。容量は軽いが、プレビューは粗くなります。
また、入稿される場合は、配置をしている元画像が必ず必要になりますので、「.aiファイル」「配置画像」を同一のフォルダの中に入れて、圧縮した状態でアップロードして下さい。
※「配置画像」
が一緒に入稿されなかった場合、弊社で画像データを確認することが出来ません。

「埋め込み」
画像データの情報をIllustratorのデータ上に埋め込んでしまう方法。全ての情報がIllustratorデータの「.aiファイル」に含まれてしまうため、データが重くなってしまう恐れがあり、作業の効率が悪くなる場合があります。

画像の配置

Illustratorに配置できる画像形式は『eps』・『tiff』・『Adobe Photoshop』・『jpeg』・『gif』・『pdf』などです。印刷を前提にデータを作成する場合は『eps』形式のCMYKカラーモードが一般的なようです。
画像のリンク
eps画像を配置する際に「リンク」にチェックを入れると、プレビューデータのみ配置して元データは名称で認識されますので、データが軽く効率が良いため、弊社もご作業の効率化を考慮致しまして「配置」でのご入稿をお願い致しております。
Illustrator9.0から追加された透明効果やアピアランスを画像に移用する場合は、「リンク」ではなく画像を埋め込む必要があります。必ずラスタライズしてください。
※ eps画像を埋め込まずに印刷すると、アートワーク上のほかのオブジェクトの下に印刷され、正しく出力されない可能性があります。
「画像のリンク」と「埋め込み画像の違い」 --- ■ 画像の配置方法の3種類
■画像はIllustratorの【ファイル】メニューの[配置...]から表示されるダイアログの「リンク」にチェックを入れると『リンク画像』として配置され、チェックを入れないと『埋め込み画像』として配置されます。
1 ... Photoshopから直接ドラッグ&ドロップで配置する。
2 ... コピー&ペーストで配置する。
3 ... 【ファイル】メニューの[配置...]から画像を配置する。
1.2は画像を直接配置する方法で、配置した画像は『埋め込み画像』になります。
3は『埋め込み画像』と『リンク画像』を切り替えることができます。
 
画像の配置/【ファイル】メニューの[配置...]から画像を配置。
 
←【ファイル】メニューの[配置...]から画像を配置。
〈左図参照〉
 
画像のリンク/「リンク」にチェックを入れないで配置をすると、
↑〈上図参照〉
「リンク」にチェックを入れないで配置をすると、
『埋め込み画像』になります。
   

***掲載の文章・写真・ソース(html)の無断転載を禁じます ***


フォントのアウトラインの注意点
原稿サイズの端(裁ち落としの位置)までデザインイメージがある場合は、必ず枠(91mmx55mm)より2〜3mm程度外側に塗り足しを作成してください。塗り足しが無い場合、トンボで裁断した際、用紙の端に台紙の紙色が出てしまったり、意図しない余白が出来てしまう場合があります。
塗り足しについて

***掲載の文章・写真・ソース(html)の無断転載を禁じます ***