データ入稿ガイダンス

フォントのアウトラインの注意点
文字のアウトライン化につきましては、お客様と弊社の書体(フォント)環境が異なる場合、データーを移動した際に、存在していないフォントは別のフォントに置き換えられてします。
入力した文字を、使用した書体(フォント)のない環境にその書類を持っていっても、同じ書体が出るように文字そのものを図形化することを指します。 アウトライン作成をせずにご入稿されたデーターでは、お客様の使われた書体が弊社にない場合、違う書体に変換され、文字間も変わり、お客様のイメージと違うものになってしまいます。
このような事態を避けるため、お客様にはアウトライン化して頂いたデーターでのご入稿をお願いしております。また、一度アウトラインをかけた書類は、図形化され文字としての編集はできなくなりますので、ご注意下さいませ。
アウトライン化されていない状態
●アウトライン化されていない状態

アウトライン作成

アウトライン化された状態
●アウトライン化された状態

全てのロックを解除して、全てを選択した上で 「文字」→「アウトラインを作成」

※ロックがかかっているフォントはアウトラインされません。

***掲載の文章・写真・ソース(html)の無断転載を禁じます ***