1. 印鑑・はんこTOP
  2. 篆刻印・落款印特集

篆刻・落款印:自分だけの印をつくる篆刻はんこ特集

篆刻印とは、主に書道や絵画などの書画作品に落款(サイン)として押される印のことをいいます。篆刻によってできた印鑑は、普段使っているはんことはまた違った趣を楽しめます。 文字や枠も自由にデザインできる自分だけの「篆刻印」をつくってみませんか?

篆刻(てんこく)とは?落款(らっかん)とは?

篆刻・落款のイメージ 篆刻とは、本来、ハンコに篆書体(印鑑に刻印される書体のこと)を刻む事から篆刻と呼ばれていました。 現代は、はんこには篆書体以外にも楷書体・行書体・草書体・隷書(れいしょ)体・ひらがな・カタカナなども刻まれますので、 印鑑を作る事を総じて「篆刻」といいます。

篆刻印は通常の印鑑と用途が異なります。
篆刻印は書道作品や日本画などにサインとして押され、落款(らっかん)印や遊印とも呼ばれる印鑑です。
実印などと違い、落款印、遊印は自由で遊び心があり、印面は文字である必要もなく、例えば刻印される文字が間違っていても問題ないのです。 (篆刻家の先生に怒られてしまいそうですが…。)作る際に誤って文字や枠が欠けたりしても、それは篆刻印としての味となり、個性となります。

用途も書道作品や日本画だけでなく、年賀状やはがき、お手紙や名刺のアクセントとして押しても風合いが出ます。
使い方は人それぞれの篆刻印。あなたも気軽な気持ちで篆刻にチャレンジしてみませんか?
遊び心で作るのも良し、篆刻の奥深さを知って本格的に勉強を始めるのも良し、皆様のきっかけになれば幸いです。

篆刻・落款商品ラインナップはこちら↓

篆刻・落款印の使用用途

篆刻(てんこく)・落款(らっかん)印はお手紙やハガキ、年賀状にサインとして使う事もできれば、名刺の名前の横に装飾としてはんこを推す事もできます。
篆刻(落款印)は個人や組織を特定、または証明するものと使われてきましたが、使い方は人それぞれで無限大です。

  • 手紙の署名替わりの篆刻・落款印
  • はがきに描いた作品が落款により締まった印象に
  • 年賀状に手作りの篆刻・落款が風合いを出します
  • 篆刻・落款印が名刺のアクセントに

篆刻・落款印のつくり方

篆刻印のつくり方の手順です。篆刻初心者スタッフが篆刻に挑戦してみました!

  1. 手順1:篆刻印の印面デザイン 彫りたい内容を真っ白な紙に鉛筆やペンで自由にデザインしましょう。ここでの作業が仕上がりに影響しますので納得いくものを書いてください。
  2. 手順2:印面デザインを印刷 書きあがった内容をレーザープリンターでコピーします。印刷濃度をあげて印面がクッキリと印刷されるようにしてください。
  3. 手順3:篆刻印材の印面をやすりがけ 石を平らになるまでやすりがけします。鉛筆で印をつけ、印を消すように研磨すると平らになったかが分かります。(印が残っていると平らになっていません。)
  4. 手順4:篆刻面に朱色の墨を塗る 平らになった印面に、朱色の墨を塗ります。朱墨が薄くならないようにしてください。多少のムラは気にしなくても構いません。
  5. 手順5:印刷紙を石材に固定 ②で印刷した紙を裏返して、印面に合わせ、テープなどで石に固定します。
  6. 手順6:黄色のマジックで印面を塗りつぶし転写させる 黄色のマジックインキで印面を塗りつぶします。そうする事でコピーされたインクが紙から浮き上がり、石に転写されます。
  7. 手順7:転写されたイメージ。線を補強する 印面が転写されました。転写が薄い場合はペンなどで線を補強します。乾くのを待ってから文字の際を彫っていきましょう。
  8. 手順8:印鑑に移したくない部分を彫刻していく 印鑑で写したくない部分を削っていきます。少し力が入りますので怪我には気を付けましょう。多少の失敗も風合いですので気にせずどんどん彫りましょう。
  9. 手順9:試し押しと彫刻を繰り返す 試し押しをします。押された印鑑のイメージで彫り残している所や、気に入らない部分を削り取っていきます。
  10. 手順10:印面を崩すことで篆刻印の風合いを出す ここからが篆刻の醍醐味です。文字や枠にキズや欠けをあえて付けて【風合い】を表現します。
    ※大胆に全て削り取らないように気を付けましょう。
  11. 手順11:印面を平に研磨する 最後に軽く研磨して印面を平に整えます。
    ※ここでやすりがけをしすぎると、印面が消えてしまうので気をつけてください。
  12. 手順12:完成した篆刻印のイメージ 完成した篆刻印を押してみました!

    今回挑戦した12mm角の印影は、書道用の半紙や色紙に最適な大きさです。

篆刻・落款商品ラインナップはこちら↓

篆刻印・落款印のお手入れ方法

篆刻印のお手入れ方法

篆刻印は使い終わったら、柔らかい布か紙で少し拭き、印袋や印箱にいれて保管する事をおすすめします。
朱肉は印面の溝の中が朱肉で埋まらないように、付けすぎないように注意します。それでも詰まった場合は、ブラシなどで軽く掃除すると良いでしょう(印面を傷つける可能性があるので、ゴシゴシとこすらないようにしてください)。
また、篆刻印は印面を平になるまで研磨することで、再度彫りなおす事も出来ます。篆刻はくりかえし作る事で段々と上達していきます。納得のいく作品に仕上がったら、長持ちさせるためにもやはりこまめなお手入れが大切です。

篆刻印・落款印セットラインナップ

通常出荷予定日
2017年01月24日(火)

篆刻セット

  • 篆刻セット
  • 篆刻セットの付属品①
  • 篆刻セットの付属品②
  • 篆刻セットの付属品③

てん刻セット

篆刻に必要なものが
全て揃ったお得なセット

本格的な石の「手作り印」を手軽に楽しめるスターターセットです。柔らかく、掘りやすい石で、はがきや年賀状に最適なサイズの篆刻印を作れます。 世界で一つしかない自分の印を作ってみませんか?

セット内容
  • 新青田(しんせいでん)石10mm角 × 2個
  • 新青田(しんせいでん)石12mm角 × 2個
  • 耐水ペーパー(800番:目の細かい紙やすり)
  • 印刀
  • 油性ペン
  • 練り朱肉
  • 作り方説明書

販売価格(税込) 1,296
販売終了

消しゴム篆刻キット

  • 消しゴム篆刻キット
  • 消しゴム篆刻セットの付属品①
  • 消しゴム篆刻セットの付属品②
  • 消しゴム篆刻セットの付属品③

消しゴム印セット

篆刻を気軽にたのしめる
消しゴムはんこのセット

本格的な篆刻の前の練習にぴったり!
カッターで簡単に作れる、初心者の方におすすめの消しゴムはんこキットです。

セット内容
  • 消しゴム10mm角 × 2個
  • 消しゴム12mm角 × 2個
  • カッター
  • ミニ朱肉
  • 作り方説明書

販売価格(税込) 540
販売終了

篆刻・落款印備品ラインナップ

篆刻を楽しむ上で必要な備品を取り揃えました。クリックでページ内遷移します。

篆刻用石材ラインナップ

篆刻に使用する石材です。篆刻の主要な印材として、2種類の石材をラインナップいたしました。

巴林(ぱりん)石
中国の内モンゴルの巴林右旗近辺で産出される、比較的新しく知られるようになった石材です。粘りのある性質で篆刻初心者の方にも彫刻しやすいのが特徴です。巴林は良質のものが多く、印鑑の材質として適しています。
新青田(しんせいでん)石
中国の青田県で産出される石材です。柔らかく彫りやすい石で、比較的安価のため、篆刻では練習用の石としても人気です。
通常出荷予定日
2017年01月24日(火)
篆刻・落款用石印材

巴林石8mm×3本

中国産の柔らかい、質の良い石です。篆刻初心者の方にもおすすめ。
はがきや短冊、色紙に合うサイズです。

印材のサイズ
  • 8×8×50mm

販売価格(税込) 648
販売終了
篆刻・落款用石印材

巴林石17mm×2本

中国産の柔らかい、質の良い石です。篆刻初心者の方にもおすすめ。
書道用の半切(348×1360mm)に合うサイズです。

印材のサイズ
  • 17×17×60mm

販売価格(税込) 648
販売終了
篆刻・落款用石印材

新青田石8mm×3本

中国産の柔らかく彫りやすい石です。 はがきや短冊、色紙に合うサイズです。

印材のサイズ
  • 8×8×50mm

販売価格(税込) 432
販売終了
篆刻・落款用石印材

新青田石10mm×3本

中国産の柔らかく彫りやすい石です。 はがきや短冊、色紙に合うサイズです。

印材のサイズ
  • 10×10×50mm

販売価格(税込) 432
販売終了
篆刻・落款用石印材

新青田石12mm×2本

中国産の柔らかく彫りやすい石です。 習字用の半紙や、色紙に合うサイズです。

印材のサイズ
  • 12×12×60mm

販売価格(税込) 432
販売終了
篆刻・落款用石印材

新青田石15mm×2本

中国産の柔らかく彫りやすい石です。
掛け軸に合うサイズです。

印材のサイズ
  • 15×15×60mm

販売価格(税込) 432
販売終了

篆刻用印刀ラインナップ

「印刀(いんとう)」は、篆刻に使用する彫刻刀のことです。
彫りたい印面の線の太さによって、印刀を使い分けることをおすすめします。

通常出荷予定日
2017年01月24日(火)
篆刻・落款用彫刻刀

印刀(練習用)刀幅5mm

印材を彫るときに使います。一般的な幅の刀です。

商品サイズ
  • 5径×145mm

販売価格(税込) 269
販売終了
篆刻・落款用彫刻刀

印刀(練習用)刀幅8mm

印材を彫るときに使います。太い線を彫るのに適した刀です。

商品サイズ
  • 7径×147mm

販売価格(税込) 269
販売終了
篆刻・落款用彫刻刀

印刀(一般用)刀幅4mm

焼きが入った、切れ味の確かな刀。細かな線を彫るのに適します。

商品サイズ
  • 7×150×6mm

販売価格(税込) 701
販売終了

篆刻用印泥ラインナップ

「印泥(いんでい)」は、篆刻印を捺印する際に使用する朱肉のことです。
使用前に、朱肉を付属のヘラで練り、だんこ状に混ぜてから使います。

通常出荷予定日
2017年01月24日(火)
篆刻・落款用朱肉

堆朱(ついしゅ)55mm

黄味がかった明るい朱色。
約15g。

商品サイズ
  • 55径×22mm

販売価格(税込) 1,080
販売終了
篆刻・落款用朱肉

光明(こうみょう)68mm

鮮やかな朱色。
約30g。

商品サイズ
  • 68径×28mm

販売価格(税込) 1,620
販売終了
篆刻・落款用朱肉

美麗(びれい)68mm

紅がかった赤みの強い朱色。
約30g。

商品サイズ
  • 68径×28mm

販売価格(税込) 2,160
販売終了

その他篆刻用サプライラインナップ

篆刻の際や、落款として捺印するときに、あると便利な篆刻サプライグッズを取り揃えました。

通常出荷予定日
2017年01月24日(火)
篆刻・落款用紙やすり

耐水ペーパー4枚セット

石印材の印面を磨いて平らにするときに使用。目が粗めの400番と細かな800番、各2枚セット。

商品サイズ
  • 117×142mm

販売価格(税込) 216
販売終了
篆刻・落款用印床(ネジ式)

印床(いんしょう)

ネジで石をしっかり固定できるため、思い切った運刀(印刀の使い方)ができます。

商品サイズ
  • 65×120×43mm

販売価格(税込) 1,781
販売終了
篆刻・落款用二面硯

二面硯(にめんけん)

二面に仕切られていて、墨と朱墨が混ざらず同時に使えます。篆刻の字入れに使用します。

商品サイズ
  • 77×13×75mm

販売価格(税込) 540
販売終了
篆刻・落款用朱墨

朱墨 篆刻朱 10g

上朱墨(黄口)。
深みのある黄味の朱墨です。

商品サイズ
  • 25×14×59mm

販売価格(税込) 1,296
販売終了
篆刻・落款用筆

篆刻用筆(2本セット)

墨、朱墨の2本セット(穂先の長さ:約20mm)。穂先がよくききます。

商品サイズ
  • 9径×196mm

販売価格(税込) 540
販売終了
篆刻・落款用捺印マット

はんこシート

印を押す時に紙の下に敷くシート(捺印マット)です。

商品サイズ
  • 100×150×3mm

販売価格(税込) 269
販売終了
篆刻・落款用印矩

印矩

印を押すときに定規の役目をします。大きな作品を押す時に空間がとりやすい形です。

商品サイズ
  • 80×120×6mm

販売価格(税込) 540
販売終了
篆刻・落款用印箋

印箋(100枚入り)

印を押して陰影を保存するための、模様の入った用紙です。

商品サイズ
  • 123×165×3mm

販売価格(税込) 540
販売終了
篆刻・落款用印譜帳

印譜帳(60頁)

印を押して陰影を記録するためのアルバムのような冊子です。

商品サイズ
  • 113×174×7mm

販売価格(税込) 540
販売終了
ハンコヤドットコムインフォメーション

印鑑のご注文は24時間受付中

支払方法について
代金引換
クレジットカード

コンビニ払い
銀行振込
月締め 請求書払い

お届けについて
お届けについて
お届け時間指定
返品について
安心なお買い物の為に
JADMA
TRUSTe個人情報保護
安心なお買い物の為に

ハンコヤドットコムカスタマーサポート

お問い合せフォーム