1. 印鑑・はんこTOP
  2. 印鑑ご利用マニュアル
  3. 就職・転職の手続き
就職・転職の手続き
学生から社会人になり就職するときや、転職などで新しい会社に入社する際には、様々な必要手続きや提出書類があります。
また、入社を機に新生活をスタートするかもしれません。それぞれの場面で大切になる手続きをチェックしておきましょう!

インデックス

慌てないようにしっかり準備を。入社までの流れ・退職手続き記事を読む
入社手続き書類はもれなく準備を。提出する書類記事を読む
ほとんどの会社で提出が必要な書類
会社によっては提出が必要な書類
引越し前後に処理するべき!新生活手続き記事を読む

【まとめ】就職・転職で必要な印鑑

転職・退職後の手続きに必要な印鑑

転職がきまったら、現職場に退職願を出したり、退職後の社会保険の切り替えなどでいくつかの手続きをおこなう場合があります。
各種届出・書類に必要な印鑑は以下のとおりです。

必要な届出・手続き 必要な印鑑
退職願 退職願 認印
健康保険
(必要に応じて)
国民健康保険の手続き 認印
国民健康保険の自動振り替え手続き 銀行印
健康保険任意継続の手続き 認印
健康保険被扶養者になる手続き 認印
年金
(必要に応じて)
国民年金の手続き 認印
失業保険
(必要に応じて)
失業保険の手続き 認印

入社提出書類に押す印鑑

学生から社会人になり会社に就職するときや、転職などで新しい会社に入社する際には、いくつかの入社書類にはんこを押すことになります。
特に新入社員の方にとっては、自分の印鑑を押す最初の機会になることと思います。提出書類には、「認印」が1つあると安心です。

提出する書類 必要な印鑑
ほとんどの会社で必要な書類 扶養控除等申告書 認印
健康保険被扶養者異動届 認印
給与振込先の届書 認印
会社によっては
必要な書類
入社誓約書 認印
雇用契約書 認印
住民票記載事項証明書 認印
身元保証書
(身元保証人の印鑑証明を提出する場合、
保証人の実印が必要です。)
実印

新生活手続きで必要な印鑑

就職を機に、転勤や一人暮らしが決まった場合、新生活を始めるための引っ越し準備が必要です。 引越しや住所変更にともなう主な手続き・届出で必要となる印鑑は、以下のとおりです。

必要な届出・手続き 必要な印鑑
役所での届出 転出届 認印
転入届 認印
印鑑登録 実印
住所変更手続き 自動車変更登録 認印
預金通帳(銀行口座) 銀行印
クレジットカード(新規登録の場合) 銀行印
公共料金の申し込み 認印
郵便の転送(転居届) 認印
各種保険 認印
3つの印鑑の違いは?
実印
住民登録をしている市区町村に印鑑を登録し、
実印が必要なときに、印鑑証明を受け取れるように
しておくハンコのことです。
銀行印
銀行に届出をするためのハンコで、
口座の開設や預貯金の出し入れに使用します。
認印
登録していない印鑑すべてを指して、認印と呼びます。 使用頻度が高く、自身のサインのように扱われます。
(シャチハタやスタンプなどは印面がゴム性で変形しやすく、また同じ印面が量産されている可能性もあるので、公式な文書にはふさわしくありません。)
これらの印鑑は就職・転職の際の一時的な使用でなく、今後の生活でもずっと使い続ける大切なものです。
当ページコンテンツは一般的な手続き・届出の方法を記載したものです。
届出先により規定や方法が異なる場合もございますので、あくまで一般的な例としてご参考ください。
ハンコヤドットコムインフォメーション

印鑑のご注文は24時間受付中

支払方法について
代金引換
クレジットカード

コンビニ払い
銀行振込
月締め 請求書払い

お届けについて
お届けについて
お届け時間指定
返品について
安心なお買い物の為に
JADMA
TRUSTe個人情報保護
安心なお買い物の為に

ハンコヤドットコムカスタマーサポート

お問い合せフォーム