1. 印章うんちく事典
  2. 印鑑の保管について

印鑑の保管について

印鑑の保管方法、実印と印鑑証明書は別々に保管。

実印印鑑証明書は二つ揃って効力を発揮します。必ず実印と印鑑証明書は個別に保管し、印鑑証明書は必要な部数だけ取るようにしましょう。

印鑑登録カードは、実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒にしないで保管する。
印鑑登録カードがあれば、誰でも印鑑証明書がとれます。しかし、印鑑登録カードには、本人の住所・氏名が記載されていません。印鑑登録カードは、実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒に置かないように気をつけましょう。

実印は、管理のしっかりした、銀行の貸し金庫に預けるのが望ましいです。
貸し金庫については各銀行のホームページに料金があります。

また、実印や印鑑証明書は、絶対に他人には預けないおきましょう。

極力、親族であっても預けるのはやめるべきでしょう。

実印を預かった家族が第三者にだまされて、事件になったケースも多いからです。

▲印鑑の保管方法についてTOPへ