1. 印章うんちく事典
  2. 認印の意味

認印の意味

  1. 【認印】
  2. 認印の書体
  3. 認め印の人気印材ランキング
  4. 会社印のご購入はこちら
  5. 個人認め印をご購入の方はコチラ

【認印】

認印とは、一般的には申し込みや受け取りなどの証明用、承認印として用いられる印鑑のことを言います。
三文判などといえば、人によっては認印という意味が分かりやすいかもしれません。
一般的な用途として、郵便物の受け取りなど、サインもしくは認印を押して受け取る際に使用します。

捺印(押印)については、契約等に際して、意思表示のあらわれという意味でみなされます。
例を挙げると、契約書等の書類に記名し押印する行為は、その契約を締結した意思表明という意味でみなされます。

印鑑は実印や銀行印、認印、シャチハタ、会社認印などいろいろありますが、使われる書体にも色んなものがあります。

認印の書体

認印は、様々な意味や用途があることから、各意味や用途によって書体を選ぶ傾向があります。
主に重厚な書体は、法人印や実印などに好まれ、可読性の高い書体は認印として好まれる傾向があります。

篆書体 - 法人の認印によく使用される書体で、個人の実印としても使用されることが多い。
隷書体 - 可読性が高いため、意味・用途を問わず使われる。
楷書体 - 可読性が高いため、認印のほかにもインキ浸透印にも多く使われている。
行書体 - 可読性は比較的低い、柔らかい書体であるため、認印に使用されることも多くある。
草書体 - 可読性が低い、法人の認印として使われることは少ないが、個人の認印として使われることはある。
古印体 - 日本で作られた書体であり、独特のライン強弱・途切れがあるのが特徴。可読性は比較的高いので、意味・用途を問わずに広く使われている。
印相体 - 篆書体を基に作られた書体。意味・用途を問わず広く使われている。

※「シャチハタ」と一般的に呼ばれていますが、正式には「シヤチハタ」と言います。

ハンコヤドットコムの認め印の販売ページご案内

個人印鑑 認め印の商品一覧ページ

高品質の認め印が2,200円~。デザイン確認も可能です。
認め印の販売ページ一覧へ
※注意:認め印は縦彫りのみになります。

法人印鑑 認め印の商品一覧ページ

会社認め印は、法人や個人事業の認め印としてご使用いただけます。
法人認め印の販売ページ一覧へ

認め印の人気印材ランキング

認め印ランキング1位認め印ランキング2位認め印ランキング3位

会社印のご購入はこちら

会社設立セット

  • 会社印 実印
  • 会社印 銀行印
  • 会社印 角印
  • 会社印 認印

個人認め印をご購入の方はコチラ

▲認印 意味TOPへ