1. 印章うんちく事典
  2. 捨印

捨印

書類が間違っていたり、契約内容の変更などがある場合、訂正印を必要箇所に押印しなくてはなります。
訂正箇所が何度も発生すると、その都度、書類を往復させて押印しなけばいけません。

そうなると捺印をもらい何度も足を運び、手間もかかるため、省く手段として訂正箇所のある書面の脇に捨印を押印、訂正印とし、捨印の箇所に「○○末梢、○○追加」と 記述して、用いるのが一般的です。

勝手に内容が改変される恐れもありますので、捨印の使用は慎重に行ってください。

▲ページTOPへ