1. 印章うんちく事典
  2. 割印

割印

割印とは

割印とは、同じ文面の文書を2つ以上作成したとき、その文書が関連のあるもの、または同一のものであるということを証明するための印です。
角丸の縦長の印材に会社の名前が彫刻されたものが一般的です。
割印は契印のように必ずしも記名(署名)の末尾に押した印と同じでなくてもよいとされています。
契約書の正本と副本、原本と写し、領収書とその控えのようなものに押されます。

⇒ 割印 商品一覧はこちらをクリック

割印の正しい押し方

割印とは前述したとおり、契約書などの重要な書類の原本と写しや、領収書とその控えなど、2つでワンセットになるようなの文書どうしのあいだでそれらが「同一である」、または「関連がある」ことを示すための印です。
そのため、2つ以上の文書それぞれに1度ずつ押すのではなく、それらの書類を並べた、もしくは重ねたところに、双方にまたがるように1度だけ捺印します。
割印を押すことで、「同時に作られた同じ文書」であることが証明されるとともに、複製や改ざんなどのリスクも減らせます。

契約書への割印

2部以上に分かれているような文書であれば、上図ような割印の押し方が一般的です。

領収書への割印

領収書などのように、ひとつづりのものを切り離して使用するような書類であれば、このような押し方が一般的です。

割印を買う

▲ページTOPへ