1. 印章うんちく事典
  2. 割印

割印

割印とは同じ文面の文書を2つ以上作成したとき、その文書が関連のあるもの、または同一のものであるということを証明するための印です。
契約書の正本と副本、原本と写しのようなものに使われます。
領収書とその控えに。

●割印は契印のように必ずしも記名(署名)の末尾に押した印と同じでなくてもよいとされています。
●同じ契約書を2通以上作成した場合に割り印を押すことがあります。

契約書 割印 イメージ

割印を買う

▲ページTOPへ