印鑑うんちく事典

印鑑とは

突然ですがあなたは「印鑑(いんかん)」とは何か説明できるでしょうか・・・?
多くの人は、印鑑とハンコは同じもので、ハンコの正式名称が印鑑だと思っているのではないでしょうか?

実はハンコの正式名称は、厳密には「印章(いんしょう)」といいます。
そして、ハンコを紙に押したとき、紙に残る朱肉のあとを「印影(いんえい)」といいます。

ハンコを押しているイメージ

では「印鑑」は何かというと、役所や銀行などに登録してある印影のことをいいます。 多くの方が印鑑と呼んでいるものは、本当は印章という名称なのです。

【印章・印影・印鑑のことばの違い】

印章(いんしょう)

印章

ハンコの物体としての呼称。
一般的に印鑑と呼ばれます。

印影(いんえい

印影

ハンコを紙に押したときに残る朱肉のあとのこと。

印鑑(いんかん)

印鑑

実印・銀行印など登録したハンコの印影のこと。

しかし、一般的には「印鑑=ハンコ」と認識されており、辞書でも「印鑑」は以下のような意味になっています。

いんかん【印鑑】
  1. はんこ。印。
  2. あらかじめ地方自治団体や銀行その他取引先などに提出しておく特定の印影。
    印の真偽を見分ける基礎となるもの。
はんこくん

印章・印影・印鑑のことばの違いは、あくまでです。
厳密なことばの使い分けを意識しなくても問題はありません。

印鑑の語源

「印鑑」の語源は、ハンコが本物か偽物かを判断するために、印影(いんえい)の照合に使っていた台帳を「鑑(かがみ)」と呼んでいたことに由来します。
台帳には、本物のハンコで押した印影が載っていました。
この印影をみくらべる台帳(鑑)のことが「印鑑」と呼ばれ、さらに本物のハンコで押された印影のことも「印鑑」と呼ぶようになったとされています。
印鑑を照合してハンコの真偽を確かめる方法は、今でも銀行などで使われている仕組みです。

ハンコの語源

「ハンコ」の語源は、以下のような諸説があります。

  • 江戸時代によく作られた版画に使う板のことを「版行・板行(はんこう)」と呼び、それが転じて「ハンコ」と呼ばれるようになった。
  • 版行(はんこう)を使って書物を印刷することと、印章でなつ印することが混同したので、印章のことも「ハンコ」と呼ぶようになった。
  • 「判を押すことを行う」ということばの「判行」が転じて「ハンコ」と呼ばれるようになった。
このような諸説はありますが、真相は明らかにはなっていません。
ちなみに、ハンコを漢字で「判子(はんこ)」と書くのは当て字です。

ハンコのことは、「はん」「印(いん)」「璽(じ)」と呼ばれることもあります。
「璽(じ)」は飛鳥時代に、701年に制定された大宝律令で、官印の一つとして天皇御璽(てんのうぎょじ)が作られたことがはじまりです。
(官印とは、官庁が職務で使うハンコのことです。)
現在では天皇の使うハンコだけが「御璽(ぎょじ)」と呼ばれ、国のハンコは「国璽(こくじ)」と呼ばれます。
「御璽」は天皇の国事行為にともなって作られる文書に押され、「国璽」は外交文書など国家の重要文書に押されます。

はんこくん

「印鑑うんちく事典」では、他にもハンコにまつわる・情報をわかりやすくご紹介しています!
興味のある方は、以下に紹介するページも是非読んでみてくださいね。
ページは随時更新してまいります。

個人の印鑑の種類

実印とは?

実印とは

実印とは、市区町村の役所に登録した、公的に認められたハンコのことをいいます。
役所にハンコを登録することを印鑑登録といい、登録されたハンコを実印と呼びます。
銀行印とは?

銀行印とは

銀行印とは、銀行・信用金庫・信用組合などの金融機関に印影(いんえい)の届出をしているハンコのことをいいます。
認印とは?

認印とは

認印(みとめいん)とは、届出をしていない個人のハンコのことです。
荷物の受け取りや会社の書類確認など、身近に押す機会がたくさんあるハンコです。

印鑑の手続き

印鑑登録

印鑑登録とは・印鑑登録の仕方

印鑑登録とは、ハンコを役所に登録しておくことで「自分だけの印鑑である」ことを証明できる制度のことです。
印鑑登録をするには、役所に実印用のハンコと身分証明証を持って行き、手続きをします。
印鑑証明

印鑑証明とは・印鑑証明の取り方

印鑑証明書とは、登録された印鑑が本物であることを証明する書類です。
印鑑証明の発行には、「印鑑登録証(印鑑登録カード)」または「マイナンバーカード」を使います。
役所の窓口だけでなくコンビニでも発行することができます。
実印の変更・廃止

実印の変更・廃止方法

実印を変更するときは、まず現在登録している実印の廃止をしてから、再度新しいハンコで印鑑登録を行います。
廃止をするには、役所で「印鑑登録廃止申請書」に記入し、窓口に提出すれば印鑑登録を廃止できます。
銀行印の登録・変更方法

銀行印の登録・変更方法

銀行の口座を開設するときには、銀行に届出するハンコと本人確認書類を持って行き、手続きをします。
銀行印を変更したいときは、今まで登録していた銀行印・新たに届出するハンコ・本人確認書類・通帳を持って行き、変更届け(改印)の手続きをします。

ハンコの押し方

訂正印とは?

訂正印とは

訂正印(ていせいいん)とは、文書の一部を訂正するときに押す印のことです。
文書の訂正箇所にハンコを押すことによって、「本人が自ら訂正したもので他者による改ざんではない」ことを示すことができます。
捨印とは?

捨印とは

捨印(すていん)とは、あらかじめ文書の余白部分にハンコを押しておき、誤りが見つかったときに「訂正印」として利用できるようにしておくものです。
消印とは?

消印とは

消印(けしいん)とは、文書に収入印紙を貼ったときに、その印紙と下の文書にまたがって押す印のことをいいます。
ハガキと切手にまたがって押される印のことも「消印」と呼びます。
契印とは?

契印とは

契印(けいいん)とは、2枚以上の契約書が1つの連続した文書であることを証明するために、両ページにまたがって押すハンコのことです。
割印とは?

割印とは

割印(わりいん)とは、2つ以上の文書にハンコをまたがるように押すことによって、文書の関連性を示すなつ印方法のことをいいます。
止め印とは?

止め印とは

止め印(とめいん)とは、文書の最後に余白ができたとき、ここまでで文書が終わっていることを示すために押すハンコのことをいいます。