印鑑うんちく事典

代表者印・会社実印とは

代表者印(だいひょうしゃいん)とは、会社が法務局に会社設立登記をするときに登録するハンコのことです。
法務局に登録した印鑑は、法的な拘束力を持つ会社における実印(=会社実印)となります。

代表者印(会社実印):法務局に印影を届けているハンコ

法務局に印鑑を登録すると、印鑑証明書を取ることができます。
会社の存在証明が求められるような重要な契約や法的手続きでは、「代表者印でのなつ印」と「印鑑証明書」が求められます。

会社の存在証明ができる(個人の実印でいう身分証明の役割)

このページでは引きつづき「代表者印(会社実印)」を知る上で大事なポイントとなる

  • どんなときに代表者印が求められるのか
  • 代表者印を作るときにはどんなことに気をつけるべきか
など、「代表者印」についての紹介をしていきます!

代表者印(会社実印)が求められるのはこんなとき

代表者印(会社実印)は会社の意思決定を示すために必要で、会社の中でもっとも大事なハンコです。
会社設立のタイミング以降は、会社の存在証明が重要となる取引や法的手続きで必要になります。
たとえば以下のようなシーンで使います。

  • 代表取締役の変更があったとき
  • 株券を発行するとき
  • 法人が不動産を売るとき
  • 不動産を担保にいれるとき
  • 連帯保証をする契約を結ぶとき
  • 企業買収するとき
  • その他正式な文章など重要な契約をするとき
法人の代表者の変更があった場合、代表者印は新しいものに変更する必要がありますか?
代表者が変更になっても代表者印の変更は必要ありません。
(印鑑に代表者の個人名が彫られているわけではないためです。)
ただし法人名が変更になった場合は、商号の変更登記を申請する必要があり、新しい社名で作ったハンコが必要です。
領収書など、対外的だけれどあまり重要じゃない書類でも代表者印が必要ですか?
必要ないです。
領収書などの会計書類や、事実を通知するだけの書類の場合は、わざわざ代表者印を押さなくても良いです。
軽い書類の場合は、認印(みとめいん)である角印を使いましょう。
実印を模して作った、会社の認印を作っても法務上問題ないですか?
会社で印鑑を管理している担当だけでは書類がスムーズに処理できないので、別の担当を設けて2か所で押印処理したいと思っています。
印鑑登録している実印以外であれば、認印をいくつ作っても問題ありません。
書類手続きをスムーズにするために、認印を複数用意している会社も多いです。
ただし、認印であっても書類に押してしまえば、対外的には代表取締役が認めた文書になります。
意図しない書類に押されないように使用目的などを確認するなど、印鑑の管理は厳重にしてください。

代表者印(会社実印)の押し方

契約書に押す場合

代表者印(会社実印)は、契約書の末尾にある「会社名」「氏名」などの署名の右横に押します。

代表者印の押し方:署名の右横に押す

署名に重ねるようになつ印しても問題ありません。
しかし、押された印影が本当に正しいものか印鑑証明書と見比べるので、文字にかぶらないように押す方が良いと言われています。

「印」の文字が印刷してある場合

代表者の名前の右横付近に「印」という文字が記載されている場合があります。
その場合は、「印」の文字の上に代表者印を押しましょう。

「印」の文字が印刷してあるとき:「印」の上に押す

代表者印(会社実印)を作成するときのポイント

法務局で定められている代表者印の既定とは

代表者印(会社実印)には、サイズの規定があります。
「1cm以上3cm以内の正方形に収まるサイズ」と法務局により定められています。

印鑑の大きさは、辺の長さが一センチメートルの正方形に収まるもの又は辺の長さが三センチメートルの正方形に収まらないものであつてはならない。

印影の大きさの規定:規定範囲内の大きさイメージ

その他、形状や刻印内容に関する規定は特にありませんが、一般的には丸型のハンコに「株式会社○○○○ 代表取締役印」などと彫られます。
代表者印・会社実印の刻印内容についてはこちら

また、商業登記規則には以下のような記載もあります。

印鑑は、照合に適するものでなければならない。

たとえばシャチハタなどのインク浸透やゴム印などは、経年によって印面が変形する可能性があるので照合に適しません。
シャチハタやゴム印では登録してもらえないので気をつけてください。

代表者印(会社実印)に適したサイズはこれ!代表者印の定番サイズ

代表者印(会社実印)は、印面サイズが直径18mmまたは21mmの丸型のハンコが定番です。

代表者印(会社実印)の定番サイズ:18mm・21mmの図

ハンコヤドットコムでは、18mmを購入される割合が高く、代表者印の中では定番のサイズとなっています。

21mmは代表者印の中でも大きめのサイズで、印鑑を押したときにどっしりとした印象があります。
なので、代表取締印としての風格を求める方は21mmのハンコがおすすめです。
社名が比較的長い場合も、21mmの大きめのサイズを選んでおくと、文字がつぶれてしまう心配がありません。

はんこくん

印鑑は大事な印鑑ほど大きく作るという、古くからの慣わしがあります。
個人の印鑑でも法人の印鑑でも、実印>銀行印>認印の順で重要とされます。
なので、代表者印は「会社銀行印よりも一回り大きいサイズ」を意識して作ると良いでしょう。

代表者印は、普通は丸型で作成します。
そのため、代表者印は「丸印」と呼ばれることもあります。
法人の印鑑の中には、四角い形の「角印(かくいん)」も存在します。
角印は、会社の認印として使用され、「社印(しゃいん)」と呼ばれます。

  • 代表者印は会社の実印で丸型
  • 角印(社印)は会社の認印で角型

以上のように、印鑑の形状で用途を区別して使うのが一般的です。

天丸とは?寸胴とは?法人印鑑の形状について

法人のハンコには、以下のように「天丸タイプ」と「寸胴タイプ」の2つの形状があり、それぞれ特徴があります。
ハンコ本体の形状は規定で定められていないので、好みの方を選んで問題ありません。

天丸タイプ

天丸タイプのイメージ

  • 法人のハンコとして定番の形状
  • 法人の風格・重厚感が出る
  • フタが付いていて印面を保護できる

寸胴タイプ

寸胴タイプのイメージ

  • 個人のハンコと同じ形状
  • 装飾がなくシンプルでスマートな印象
  • 天丸タイプと比べてリーズナブル

【図解】代表者印(会社実印)の刻印内容

代表者印(会社実印)の印影は、一般的に二重の円になっています。
外側の円の中には会社名が入り、内側の円の中には役職名が入ります。

外枠の内容:会社名や屋号が入る/内枠の内容:役職名が入る

【早見表】法人の種類ごとの内枠内容

法人によって、印鑑の内枠に入る役職名が異なります。
印鑑を作成する場合は、以下の早見表を参考にしてください。

法人の種類内枠
株式会社 代表取締役印
有限会社 代表取締役印 / 取締役印(取締役が1人の場合)
相互会社 代表取締役印
合名会社 代表者印
合資会社 代表者印
LLC(合同会社) 代表者印 / 代表社員 / 代表社員之印 / 代表職務執行者之印 / 業務執行社員之印
LLP(有限責任事業組合) 代表者印 / 無限責任組合員印 / 無限責任組合員
特定非営利活動法人(NPO法人) 理事之印 / 代表理事之印
社団法人 理事之印 / 代表理事之印
財団法人 理事之印 / 代表理事之印
学校法人 理事之印 / 代表理事之印
医療法人 理事之印 / 代表理事之印
社会福祉法人 理事之印 / 代表理事之印
農業協同組合 理事之印 / 代表理事之印
消費生活協同組合 理事之印 / 代表理事之印
労働組合 理事之印 / 代表理事之印
中小企業等協同組合 代表理事之印
信用金庫 代表理事之印
宗教法人 代表役員
代表者印には会社名が入っていればいいのですか?
それとも「○○株式会社会社代表取締役 判子屋 太郎」のように代表者名まで必要なのでしょうか?
代表者印に、個人名は不要です。
会社名と役職名が入ればOKです。
はんこくん

代表者印の刻印内容は、外枠に会社名・内枠に役職名が入るのがキホンですが、実は刻印内容にかんする規定はありません。
つまり、会社名や役職名が入っていなくてもいいし、ロゴやイラストが入っていても問題ないということになります。
ただし、代表者印は対外的に使用する重要なツール。
社会的な立場を考え、きちんと法人名の入ったハンコを用意しておく方が印象が良いでしょう。

代表者印(会社実印)に適した書体とは

代表者印(会社実印)には書体についての規定がなく、自由に選ぶことができます。
法人の印鑑には、一般的に以下のような書体があります。

代表者印(会社実印)に適した書体見本

簡単な印面だと偽造など悪用されるリスクがありますが、あまりに可読性の低い書体だと読むのが非常に困難になります。
読むのが困難すぎると、何の印か判断できなくなったり、押すときに印鑑の上下を把握するのも大変になってきます。
特に法人の印鑑の場合、刻印する文字数が多くなるので、最も可読性の低い「吉相体(きっそうたい)」は見慣れていない人にとってはほとんど読めません。

ハンコヤドットコムでは、「社名・役職名が把握できる程度」の印鑑を求められる方が多く、「篆書体(てんしょたい)」が最も人気です。

はんこくん

ハンコヤドットコムでは「篆書体(てんしょたい)」が一番人気ですが、げん担ぎの意味合いを持たせるために、字が上下左右斜めと八方に広がる「吉相体(きっそうたい)」を選ぶ方もいます。
また「古印体(こいんたい)」は読みやすい書体で、やさしくなじみやすい印象を与えます。
事業内容と雰囲気の合うデザインを選んでみるのも良いですね。

ハンコヤドットコムの会社実印のご購入はこちら