印鑑うんちく事典

認印とは

認印(みとめいん)とは、届出をしていない個人のハンコのことです。
読み方は、「みとめいん」と読むことが多いですが、「にんいん」と読んでも間違いではありません。
法律用語による認印の意味は以下のようになっています。

個人が日常生活上使用する印鑑で、印鑑登録をしてある印鑑以外のもの。

つまり、実印(じついん)以外のハンコはすべて認印ということになります。
しかし、個人の印鑑は「実印」or「認印」の2択ではなく、銀行に届出をする「銀行印」を足した3つに分けられることが一般的です。
それぞれの使い分けは以下のようになります。

  • 実印・・・市区町村の役所に届出をしているハンコ
  • 銀行印・・・銀行に届出をしているハンコ
  • 認印・・・届出をしていないハンコ(実印・銀行印以外)
はんこくん

ここでは、実印・銀行印・認印と3つの用途がある中の「認印」についてさらに詳しく説明していきます。
認印を作るときのポイントなども紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね♪

認印を使うのはこんなとき~印鑑とシャチハタの使い分け~

認印は、「実印」や「銀行印」が必要なとき以外に押すハンコなので、使われる場面は様々です。
荷物の受け取りや会社の書類確認など、身近に押す機会はたくさんあります。
認印を使うシーンとしては、以下のようなときがあります。

シャチハタ不可
  • 出生届
  • 婚姻届・離婚届
  • 公的な届出書(転入届や転出届など)
  • 住民票の申請
  • 戸籍謄本の請求
  • 国民健康保険の手続き
  • 国民年金の手続き
  • 郵便の転送(転居届)
  • 会社提出書類(扶養控除等申告書・雇用契約書・入社誓約書など)
  • 各種保険の手続き
シャチハタ可
  • 会社での事務作業
  • 社内書類の確認
  • 宅急便の荷物の受け取り(サインでも可)
  • 回覧(サインでも可)

※一般的な例であり、厳密なものではありません。

認印を使うシーンはこれだけではなく、他にもたくさんあります。

認印は大まかに、「印鑑と朱肉を使って押す書類」なのか「印鑑を使わなくても良い書類」なのかの2通りにわかれます。
よく「シャチハタ可」「シャチハタ不可」といったことばを耳にしますね。

公的な届出などは、印鑑の使用を求められ「シャチハタ不可」としていることが多いです。
しかし、荷物の受け取りや回覧などは、簡易な確認で良いため、印鑑で押す必要はありません。
(自署によるサインでも良いこともありますね。)
このような簡易なサインにはシャチハタが便利です。

シャチハタとは、インクが内蔵してあるスタンプ式のハンコのことをいいます。
専門的なことばでは「浸透印(しんとういん)」といいますが、一般的には、「シャチハタ」や「ネーム印」などと呼ばれます。
このタイプのハンコは朱肉が要らないので、朱肉をつける手間を省いて連続して押すことができます。
また、なつ印マットもいらないので、スタンプのように手軽に押すことができます。
事務作業などでたくさんの書類に押すときは、ハンコを押す時間を短縮することができ効率的です。

印鑑・シャチハタはそれぞれ以下のような特徴があります。

朱肉を使って押す印鑑
【メリット】
  • 様々な書類に対応可能
  • 劣化しにくい
【デメリット】
  • なつ印に時間がかかる
  • 朱肉が必要
  • 連続なつ印には向かない
シャチハタ
【メリット】
  • 朱肉をつける手間が要らない
  • 連続して押すことができる
【デメリット】
  • 公的な書類・届出書・一部の会社提出書類には使用できない
  • 印鑑と比べて劣化しやすい
  • インクがなくなったら補充が必要

印鑑・シャチハタはそれぞれを補う特徴があるので、両方持っておく人が多いです。
ぜひ用途によって使い分けをしてみてください。

なぜ「シャチハタ不可」と言われる書類があるの?
認印において、「シャチハタ不可」とされるのは、「本当に本人が同意したのかの証拠になりづらいから」というのが主な理由です。
実印や銀行印などの届出が必要なハンコも、シャチハタが不可とされます。
その理由は一般的には以下とされています。
  • 「既製品」と呼ばれる、まったく同じ印影のものが存在するため
  • 劣化などによって、押したときの印影(いんえい)が変わる可能性があるため
  • 時間が経過すると押したあとのインクが薄くなってしまう可能性があるため
実印や銀行印を認印として使っても良いの?
使っても構わないです。
認印はハンコを使って押したことが確認できれば良いので、実印を使っていようが銀行印を使っていようが問題ありません。
ただし書類によっては、なつ印欄が認印用に小さめに作ってあることがあります。
サイズの大きな実印・銀行印だとはみ出してしまうことがあり、そうなると見栄えが悪いです。
また、実印・銀行印といった大事な印鑑は、押したあとの印影が多くの目に触れてしまうと、偽造されるリスクが高まります。
できれば、認印用のハンコを持っておくことをオススメします。

認印は気軽に使えるハンコ?

認印は、職場で確認事項へのサインとして、または回覧や荷物の受け取りなどに日常的に使用します。
認印は、その手軽さから「三文判(さんもんばん)」と呼ばれることもあります。
「文」とは昔のお金の単位のことです。
「一文無し(無一文)」や「早起きは三文の徳」といったことばにも、通貨として使用されていた名残があります。
今の貨幣価値でいうと1文は30円ぐらいになるそうなのですが、大量生産の安いハンコという意味で「三文判」と呼ばれています。

「認印」や「三文判」と聞くと気軽に押してしまいがちですが、ハンコを押すということは、自分の意思を示すということです。
使ったハンコが認印だったとしても、書類によっては法的な効力が生まれるので気をつけてください。

はんこくん

認印で良いとしている書類であっても、「自分はいまから何にハンコを押すのか?」と自身に問いかけて、書類をしっかり確認をしてから押すようにしてくださいね。

【認印を作ってみよう】認印を作るときのポイント

実印は一人1本しか登録することができませんが、認印は一人でいくつ持っていてもOKです。
認印は、自宅用・会社用を作り、印鑑とシャチハタの両方持っておくのがオススメです。

たとえば、
「家でも会社でもシャチハタをよく使うから、自宅用と会社用に1本ずつシャチハタを作ろう」
「朱肉を使うような印鑑は、家でも会社でもたまにしか使わないから、1本だけ作って自宅に保管しておこう」
といったように自分の生活スタイルに合わせて認印を用意しましょう。

認印に適したサイズはこれ!男女別の定番サイズ

印鑑の場合

認印には男性・女性で定番のサイズが存在します。
世間では一般的に、男性用が直径10.5~13.5mmの丸印、女性用が9~12mmの丸印とされています。

認印の男女別定番サイズ:対応表

認印は、確認欄に収まる大きさでないと枠からはみ出してしまいます。
そのため、比較的小さいサイズで作ることをオススメします。

また認印は、実印や銀行印よりも小さいサイズで作られることが一般的です。
大事な印鑑ほど大きく作られるという長年の習慣が元になっているためですが、それぞれ別のサイズにすることで、ハンコを区別しやすくなるというメリットもあります。

とはいえ、認印は届出を必要としないので、自由な大きさで作っても問題ありません。
好みの大きさにしても問題ないですし、手の大きさや、刻印する文字数によってサイズを決めていただくこともできます。

シャチハタの場合

一般的なシャチハタのサイズは男女ともに9~9.5mmです。
種類によっては小さめの8mmのものや、大き目の11mm程度のものもあります。

会社の書類にハンコを押すときは、上司よりも小さいハンコにした方が良い?
会社の習慣によります。
ハンコの大きさと上下関係について気にする風習はなくなってきているので、「まったく気にしない」という会社もあります。
しかし、慣例的に「大きいサイズの印鑑は権威の象徴だから、部下が上司よりも大きいハンコを押すことは良くない」と考える会社もあります。
もし、ハンコの大きさで迷うようであれば、一番小さいサイズを選ぶようにしてください。
シャチハタであれば、9mmか9.5mmの最も一般的なサイズを選ぶのが無難です。

認印の刻印内容について

認印は男性・女性ともに苗字(姓)での作成が一般的です。 認印は、色々な人の目に触れるハンコなので、印鑑でもシャチハタでも苗字で作っておくのが自然です。

刻印内容のイメージ

シャチハタの添え字

職場で同じ苗字の人がいて、どうしても区別をしたいという場合は、以下のような添え字で作ることもできます。
添え字のイメージ

認印に適した書体とは

印鑑の場合

ハンコには一般的な書体として以下のようなものがあります。

認印に適した書体見本

認印は、誰がサインしたものなのかがわかりやすいものが適しています。 そのため、「隷書体(れいしょたい)」や「古印体(こいんたい)」などの読みやすい書体がおすすめです。

シャチハタの場合

シャチハタは、製品によって選べる書体が異なりますが、以下のような書体があります。

シャチハタの書体見本

※書体は例です。販売店やメーカーによって選べる書体は変わりますのでご注意ください。

シャチハタの場合も、誰が押したのかがわかりやすい書体が適しています。
既製品などで広く流通しているハンコは「楷書体(かいしょたい)」や「行書体(ぎょうしょたい)」、「古印体(こいんたい)」で作られていることが多いです。

はんこくん

シャチハタは種類によって個性的な書体で作れることもあります。
「プライベート用に使うハンコは完全に自分の好みで作ってみる」というのも楽しいですよ。

ハンコヤドットコムおすすめの認印

おすすめNo.1のハンコ
おすすめNo.2のハンコ
おすすめNo.3のハンコ

認印ランキング1位

認印ランキング2位

認印ランキング3位

ハンコヤドットコムのすべての認印を見る
ハンコヤドットコムのすべてのネーム印を見る