印鑑うんちく事典

割印とは

割印(わりいん)とは、2つ以上の文書にハンコをまたがるように押すことによって、文書の関連性を示すなつ印方法のことをいいます。

割印の使用例

2つの文書を離したとき、印鑑が書類に半分ずつ残ります。
つまり、印鑑が2つに割れるので「割印」と呼ばれます。

はんこくん

このページでは引きつづき、「割印」の押し方や、割印を作るときのポイントなどを詳しく紹介をしていきます!

割印を押すのはこんなとき

割印は、2通以上の契約書を作成したときに押されることが多いです。
たとえば、同じ契約書を二人で1通ずつ保管しておく場合などです。
2通の契約書にまたがって割印を押すことで、「同時に作られた同じ契約書」であることが証明できます。

他にも、

  • 「原本(正本)」と「写し(副本)」の関連性を示すとき
  • 「領収書」と「その控え」の関連性を示すとき
  • 「基本契約書」と「その細則を定めた覚書」の関連性を示すとき
などに割印が使われます。

割印の押し方

割印を押すときに使うハンコは、署名・押印に使った印鑑と同じでなくても良いとされています。
なので、実印を使った契約書であったとしても、割印には認印を使うことができます。

契約書とその控えに押す方法

契約書とその控えにまたがるように押す

契約書の原本と写しの関連性を示すために、書類にまたがってハンコを押します。
割印を押すときは、書類を重ねた状態でタテ・ヨコに少しずらして押します。
二人以上が署名・押印しているときは全員分のハンコが必要です。
※法人名で契約している場合は、社名の入ったハンコを使います。

領収書とその控えに押す方法

領収書とその控えにまたがるように押す

領収書とその控えの関連性を示すために、切り取りされる場所にハンコを押します。

3通以上の契約書に押す方法①

3通すべてに押されるように2箇所に割印を押す

3人以上で同じ契約書を保管するときは、3通すべてに割印が押される必要があります。
丸形のハンコは長さが足りないので、2箇所に割印を押します。
署名・押印している全員のハンコが必要です。
※法人名で契約している場合は、社名の入ったハンコを使います。

3通以上の契約書に押す方法②

3通すべてに押されるように縦長の割印専用ハンコを使って押す

割印専用の縦長のハンコを使うと、3通以上の契約書にも一度になつ印ができます。

はんこくん

この縦長の割印専用のハンコは、ハンコヤドットコムで作成することができます。
以降は、割印専用のハンコを作るときのポイントを紹介しています。

割印専用のハンコを作るときのポイント

ハンコ屋さんには「割印」と呼ばれる、法人向けの縦長のハンコが売られています。

割印の商品イメージ

割印を押すときは必ずしも、この形のハンコを使う必要はありません。
しかし縦長のハンコは、複数の書類にまたがって押すことができるので、三者間以上の契約を結ぶことがある場合に便利です。
3通以上の契約書に押す方法はこちら

割印の刻印内容

割印は、主に法人が作成するハンコなので、刻印内容には法人名・社名を入れることが多いです。
法人名のみを刻印する場合が多いですが、末尾に「〇〇〇之割印」「〇〇〇契約書之割印」「〇〇〇契印」といった文言を入れて作られる場合もあります。

割印は認印に代わるハンコなので、刻印内容に規定はありません。
なので、会社によっては末尾に「割印」などの文言をいれて、他のハンコと区別するといった工夫をすることもあるのです。
刻印内容で迷ったら、法人名のみで作成することをオススメします。

割印に適したサイズとは

割印には、3つのサイズがあります。

割印の定番サイズ

サイズを選ぶときは、刻印する文字数を考慮するとバランスの良い印鑑を作ることができます。
文字数が少ない法人名の場合は、「13.5×33mm」を。
文字数が多い法人名の場合は、一番大きい「15×36mm」を選ぶと良いでしょう。
(割印は基本的に法人名で作られるので、文字数が多くなる傾向があります。
そのため、一番小さいサイズが選ばれることは少ないです。)

割印に適した書体とは

割印に刻印できる書体は以下の2つです。

割印に適した書体見本

書体は好みの方を選んでも問題ありません。
法人名を刻印する場合は、少し読みにくい篆書体(てんしょたい)の方が、契約書に押すハンコとしての風格が出るのでオススメです。

ハンコヤドットコムの割印のご購入はこちら